債務整理

債務整理に強い弁護士に依頼するメリットと弁護士の選び方

債務整理に強い弁護士に依頼するメリットと弁護士の選び方

借金で首が回らなくなって債務整理を行おうとした場合、自力で手続きの全てを行おうとするのは限界があります。
債務整理をするときは弁護士に相談し、依頼するのがベストです。

しかし、弁護士にもいろいろあります。相続専門を謳っている人や、企業法務専門の人まで様々です。

債務整理のときはどんな弁護士に頼めばいいのか、悩んでしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では、弁護士探しに苦労している方の負担を少しでも和らげるために、債務整理のときの弁護士選びの基準を紹介します。
弁護士に依頼するメリットにも合わせて触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

1.債務整理を弁護士に依頼するメリット

まずは、弁護士に債務整理を依頼すると自分でするときに比べてどのような良いことがあるのかを見ていきましょう。

(1) 督促が止まる

弁護士に依頼すると、弁護士が各債権者に「受任通知」というものを送付します。

これを受け取った債権者は、その後債務者と直接やり取りができなくなります。以後の連絡はすべて弁護士を経由しなければならなくなるのです。

債務者からすれば、しつこい督促をすべて弁護士が担ってくれることになるため、弁護士に依頼する前よりも穏やかな日々を過ごすことができます。

(2) 債権者との交渉がスムーズになる

例えば、自分で任意整理の交渉を行っても、債権者が応じてくれないことがあります。

過払い金請求に至っては、自分にどれくらいの過払い金があるのかを計算しなければならないうえに、やはり債権者が誠意ある対応をしてくれない可能性が高いです。
債権者によっては、過払い金を請求しても一円も支払わずに済まそうとするかもしれません。

しかし、法律の専門家である弁護士がいれば、そのような対応はされません。

任意整理の交渉にも応じてくれるようになりますし、プロである弁護士が正確に計算した過払い金を満額受け取ることもできます。

正規の過払い金を受け取った結果、借金がゼロになることもありますし、借金と相殺して残った過払い金は手元に残して自由に使えます。

何より交渉のすべてを弁護士が行ってくれるため、余計なストレスを抱えずに済みます。

交渉の時間や手間、精神的負担、そして経済的利益を考えた場合、弁護士に依頼することは最善の方法と言っても過言ではないのです。

(3) 書類の準備や手続をしてくれる

こちらは、特に個人再生や自己破産のときに得られるメリットです。

自己破産手続は弁護士なしでもできますが、集める書類や書かなければいけない書類がたくさんあります。

法律知識のない一般の方が自分で行って裁判所に書類を持ち込むと、不足や不備を指摘されて修正を求められることがあります。人によっては何度も、ときには何十回も修正を求められてしまい、手間と時間を浪費する結果になりかねません。

また、個人再生については自己破産よりも手続が複雑であり、専門的な知識のない人が自分で調べながら独力で行うことは事実上ほぼ不可能という声もあるくらいです。

しかし、自己破産や個人再生に慣れた弁護士に依頼すれば、自力でやったときとは比べ物にならないほどの早さと正確さで書類を作ってもらえます。

結果的に早く自己破産や個人再生を成功させて、次の生活再建ステップに移ることが可能なのです。

(4) 自己破産で少額管財となることがある

自己破産には「同時廃止事件」と「管財事件」の2パターンがあります。

同時廃止事件となれば特に問題がないのですが、問題は管財事件となったときです。
管財事件では「破産管財人」という人が裁判所から選任され、破産手続の事務を執り行います。

この破産管財人の人件費は破産申立人が支払わなければならないのですが、この費用が非常に高額です。70万円以上、借金の額によっては100万円を超えることがあります。

借金で困っている人にとっては、この金額が大変な負担です。

しかし、弁護士に依頼すれば、管財事件であっても「少額管財」という費用が安い制度を利用できることがあります。

弁護士が破産に関する様々な事務を行うことで破産管財人の負担を軽減でき、破産管財人の人件費が節約できるため、破産申立人の支払額を抑えられるのが少額管財のメリットです。

管財事件が少額管財となれば金銭的な負担は大幅に抑えられるので、弁護士に依頼するメリットは非常に大きいと言えます(弁護士に依頼をしても管財事件となる可能性はありますのでご注意ください)。

2.債務整理に強い弁護士を選ぶべき理由

弁護士に依頼するメリットは上記の通りですが、「債務整理に強い」弁護士を選ぶべき理由は他にもあります。

(1) 自分にあった債務整理方法を検討してくれる

例えば、自分で「もう自己破産するしかない」と考えていても、債務整理に詳しい弁護士に相談すれば「他の債務整理を選んだ方がいいですよ」とアドバイスしてもらえる可能性があります。

素人判断だと知らないうちに損をすることがあるかもしれませんが、債務整理を熟知した弁護士に判断してもらえばそういった損を防ぐことができるのです。

弁護士に依頼してベストな解決方法をチョイスしてもらえば、債務整理後の生活再建もしやすくなります。
弁護士費用がかかったとしても、結果としてプラスになるでしょう。

(2) 様々な見積もりを正確にしてもらえる

債務整理に強い弁護士は、手続に関する見積もりが的確です。
手続にどのくらいの期間がかかり、どのくらいの費用がかかるのかを正確に見積もってくれます

また、同じ自己破産をするにしても「同時廃止事件となるのか管財事件となるのか」「管財事件となった場合は少額管財となりそうなのか」等についても見込みを教えてくれます。

破産申立人は弁護士の意見を聞き、それに基づいて心の準備ができるので、不安要素を減らすことができます。

(3) 減額率が上がる

債務整理に強い弁護士は、交渉が上手なことも多いです。

債権者との交渉が必要な任意整理において、この能力は債務者にとって有利に働きます。
債務整理に熟練した弁護士に依頼すれば、減額率を上げられる可能性があるからです。

また、個人再生についても弁護士の腕次第で最低弁済額を軽減できるかもしれません。

減額率を上げることができれば債務整理の後に返済すべき債務を減らすことができるため、生活を楽にすることができます。

3.債務整理に強い弁護士の選び方

では、債務整理に強い弁護士はどのようにして探せばいいのでしょうか?
現在はネット検索で探す人が多いと思いますので、ネットで弁護士を探すときにチェックすべき点を2つ紹介します。

(1) 債務整理の解決実績が豊富

やはり、実績は大切です。
債務整理についての実績が事務所の公式ホームページ等に記載されていれば、その実績を確認してください。

実績の量や内容を見て、自分の債務整理を任せられそうな弁護士かどうかを判断しましょう。

(2) ネット上で解決事例などを公開している

こちらも事務所の公式ホームページ等に公開されていることがあります。

解決事例を見れば、より詳しくその弁護士の実績や力量を推し量ることが可能です。

どのような案件を解決してきたのかを把握して自分のケースに当てはめて考えることで、その弁護士に依頼するかどうかを決めるのもおすすめの方法です。

(3) 相談無料かどうか

債務整理を考えている人はお金に困っていることが多いため、相談自体が負担になると弁護士との相談に集中できなくなります。

初回相談無料の弁護士をチョイスして、まずは対面で話を聞いてみることをお勧めします。
実際に相談することで、弁護士の対応を見極めることができます。

4.債務整理のご相談なら泉総合法律事務所へ

このように、債務整理に強い弁護士に手続きを依頼するメリットは非常に大きいです。

ホームページで自分に合いそうな弁護士を見つけたら、ぜひ実際にアポを取って弁護士と相談してみてください。
初回相談無料の弁護士であれば負担も少ないはずです。

なお、当事務所では相談料をいただいておらず、借金問題については何度でも無料でご相談が可能です。

経済的負担ゼロで債務整理に強い弁護士と相談できますので、さいたま市、京浜東北線・高崎線・宇都宮線・湘南新宿ライン沿線にお住まい、お勤めの方は、ぜひ泉総合法律事務所浦和支店にご連絡ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-770-701 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-770-701
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ