交通事故 [事例11]

保険会社提示額より、1,600万円超の増額に成功

50代男性
主な症状結果
両側多発肋骨骨折、両側外傷性血気胸、両側肺挫傷、フレイルチェスト、右内胸動脈損傷、左腎損傷等 併合9級により2,000万円超を獲得

背景

Aさんは、業務中、道路上での作業していたところ、加害車両にひかれ、肋骨骨折、肺挫傷等のケガを負いました。
過失割合は、10対0で,Aさんの過失は「無し」です。

既に後遺障害9級が認定されていました。
相手保険会社より、弁護士をたてるので、Aさんも弁護士を立てるように勧められ、当事務所に来所されました。

対応

残存した後遺障害のため生活が窮するとのことで、まず自賠責保険金477万を回収しました。また、示談についても早期の要望があったので、速やかに積算し請求を行いました。

あとは、弁護士より相手方弁護士に対して随時早めの回答を促し、早期解決を目指しました。

相手弁護士からの最初の回答でほぼ満額回答を頂けたため、Aさんにも満足いただくことができ、すぐに示談することができました。

結果

総額2,030万円での示談となりました。受任前の提示より、1,600万円超の増額となりました。

後遺障害等級が重く、交渉も何度か重ねる必要があるだろうと考えていましたが、思いのほか相手弁護士の対応が被害者寄りで、早期解決を実現できました。
金額が大きくても、相手方弁護士の対応がよかったりしますと、このように早期可決に至ることもあります。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-770-701 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-770-701
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ