交通事故 [事例18]

後遺障害14級、素因減額の主張を排斥し示談金380万円超獲得

40代女性
主な症状損害賠償額
頚部捻挫、背部挫傷、腰部挫傷等 380万円

背景

Aさんは、車を運転し信号待ち停止中に加害車両に追突されました。

相談時点ですでに治療は終了していたのですが、後遺障害申請の手続から、その後の交渉までをお願いしたいということでご来所・ご依頼されました。

対応

治療終了段階からのご依頼です。後遺障害等級の認定手続きを行い、無事14級を獲得しました。

ところが、交渉段階において、保険会社側は素因減額の主張をしてきました。14級の前提となるヘルニアは前からあったという主張でした。
しかし、実務を理解している場合、前から原因があったところで、それが経年変化であって病変とは言えない程度のものであれば、素因減額の対象となることはないことは明らかでした。

そこで、我々の方でそのような反論をしたところ、素因減額の主張は撤回され、通常通り減額無しの交渉となりました。

結果

結果として、後遺障害の逸失利益は満額、後遺障害を含めた慰謝料9割、休業損害も主婦休損約65%という数字にて終了しました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-770-701 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-770-701
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ