不倫慰謝料 [事例13]

相手方から相場以上の慰謝料請求金額満額の360万円の獲得に成功!

30代男性
立場慰謝料請求額
慰謝料を請求する側 360万円を獲得

背景

依頼者Aさんが妻Bさんへラインをしても返答がない、電話をしても出ないといったこと何日もあったため、不審に思ったAさんが妻Bさんのラインを見てしまったところ、Bさんの会社の同僚であるCさんとの不貞行為が発覚しました。

Aさんは、Cさんに慰謝料請求をするため、当事務所にご来所されました。

対応

Cさんとの交渉に先立ち、弁護士からCさんへ電話をしたところ、Cさんは既婚者で家族に知られたくないため、当事務所の弁護士からCさんに内容証明を送る際、郵便局の局留めで送ってほしいとの要望を受け、当事務所の弁護士が細心の注意を払いながら進められました

結果

弁護士がCさんと交渉した結果、CさんはAさんの妻Bさんとの不貞行為を認め、Aさんが請求する慰謝料金額満額の360万円を支払うことに合意させることができました。

Cさんは360万円を一括で支払うことが難しいため、毎月5万円をずつ支払うこととし、支払いが滞った場合に強制執行ができるよう、接触禁止、支払いがなかった場合の違約金の支払いも含めた公正証書も作成しました。

Aさんは離婚しないという状況に鑑みれば、相場以上の高い金額を回収できた事案でした。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-770-701 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-770-701
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ