不倫慰謝料 [事例4]

不貞相手の妻から慰謝料450万円の請求⇒交渉で150万円に減額成功

20代女性
立場慰謝料請求額
慰謝料を請求された側 450万円 ⇒ 150万円に減額

背景

Aさんは、勤務先の上司が既婚者であることを知りながら不貞行為を重ねてしまいました。

しかし、そのことが不貞相手の妻に発覚してしまい、Aさんは妻から呼び出され、誓約書を書くことと慰謝料を支払うことを要求されました。ただ、Aさんがすぐに支払えるような金額ではなかったので、その場では回答せず、いったん持ち帰ることにしました。

その後、しばらく回答しないでいたところ、不貞相手の妻の代理人弁護士からAさんに対し、慰謝料として450万円の支払いを求める内容証明が送られてきました。
450万円はとても払えないと対応に困ったAさんは、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんからご依頼を受け、相手方との減額交渉を開始しました。

相手方と不貞相手との婚姻期間は2年ほどで、Aさんと不貞相手との不貞期間は半年ほどであることからすると、450万円という金額は高すぎるように思われました。
そこで、不貞関係をもつに至った経緯や、婚姻期間、不貞期間などの事実関係をもとに法的主張を組み立て、相手方に反論書面を送付しました。

結果

相手方も再反論をしてきましたが、和解案として、当初の請求額よりも大幅に減額した150万円という金額を提示してきました。
そこで、Aさんに意向を確認したところ、訴訟は避けたいので150万円で和解に応じたいとのことでした。

その結果、慰謝料150万円を相手方に支払う内容で和解を成立させることができ、交渉で解決に至りました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-770-701 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-770-701
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ