交通事故 [事例12]

後遺障害14級に認定、当初提示額から200万円増額となる360万円を獲得

40代女性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫、両肩関節捻挫等 約160万円
⇒ 約360万円

背景

Aさんが乗用車に乗車中、渋滞のために停止していたところ、後続車の加害車両に追突された事故です。

Aさんは損保提示が妥当かどうかわからないとのことで、当事務所に相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんは、後遺障害について14級9号が認定され、保険会社から金額の提示があった段階でご相談にいらっしゃいました。

後遺障害診断書の内容やそれまでのご通院状況等から、後遺障害について14級以上が認定される可能性は低かったため、異議申し立てはせず、すぐに交渉に入りました。

結果

弁護士受任前の損保提示が160万円であったところ、当事務所の介入後の交渉により200万円増額となった360万円で示談をすることができました。

争点は、傷害慰謝料・休業損害・後遺障害慰謝料・逸失利益の金額でしたが、傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料については赤本の9割で、逸失利益は請求金額通りで合意ができました。

また、休業損害については、依頼者が主婦であり、主婦休損として賃金センサスを基準に実通院日数分を損害として請求したところ、主婦休損の休業日数については争いになることも少なくないものの、今回のケースは相手損保が強硬に減額を主張してこなかったため、請求金額の約9割で合意ができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-770-701 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-770-701
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ