交通事故 [事例2]

弁護士介入により、後遺症非該当から12等級を獲得でき、賠償金が800万円以上増額した事故

40代男性
主な症状損害賠償金
左上腕骨外科頚骨折、左下腿擦過傷 70万円 ⇒ 890万円

背景

Aさんのバイクは信号待ちのために停車していましたが、後続の加害車両が前方不注意でこのAさんのバイクに衝突してきたという事故でした。

Aさんは弁護士を介入させず、誤診で治療終了まで対応し、後遺症の申請も非該当に終わってしましました。
これに基づき保険会社から賠償金の提示がきたところ、この妥当性を知りたいとのことで当初にご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんはご来所当時から依然として肩の痛みがなくなっていないことを訴えていました。そこで当所で後遺症診断書を取りよせたところ、肩の可動域の件さが一部行われていないことが発覚したことから、至急医師の協力を得て再検査をし、改めてこの非該当の結果に対して異議申し立てを行いました。

また、Aさんは自営業者であったことから、その休業損害や逸失利益については争いになることが多いのですが、本人の減収分をきちんと証拠をもとに理論的かつ説得的に相手方保険会社に主張を行いました。

結果

後遺症については、異議申し立てが認められ、後遺障害12等級の認定を受けることができました。
これと併せて、上記休業損額の主張もほぼ請求通り認めさせることができた結果、当初保険会社70万円であったところ、最終的には890万円と、800万円を超える増額を実現することができました。

後遺症の異議申し立てについては、ご自身では反論していくことが難しいことも多く、弁護士介入のメリットを最大限受けた案件かと思われます。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-770-701 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-770-701
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ